トップページ  > トピックス > 仙台市文化プログラム

報告リポート






2018年度「仙台市文化プログラム」実施候補事業が決定しました

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、仙台市及び仙台市市民文化事業団が市内に拠点を置く団体または個人事業主と共催で実施する2018年度「仙台市文化プログラム」について、審査委員会において企画提案を審査し、実施候補事業が決定しました。

事業の実施目的
東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機として、地域の文化芸術分野における多様な資源を生かした文化事業を推進し、新たな成果を生み出すこと、そしてその取り組みや成果が一過性にとどまることなく、2020年以降も継続的に波及効果をもたらすことを目指します。

事業のテーマ
 ● 2018年度に新たに公募したテーマ
   A.震災や復興を主題にした文化プログラム
   B.障害のある人たちの文化芸術活動を支援・活用するための文化プログラム
 ● 2017年度から継続したテーマ
   C.仙台地域固有の文化資源の発掘・活用するための文化プログラム

実施候補事業及び企画提案者
 ● 「SHIRO Atelier & Studio ― ともにつくる芸術劇場」(テーマB)
   特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン
 ● 「せんだいコンセキ発掘塾」(テーマC) *2017年度から継続
   (有) イーピー 風の時編集部
 ● 「二重のまち/交代地のうたを編む」(テーマA)
   小森はるか+瀬尾夏美
 ● 「四季を通じた閖上の「さぐば」の利活用」(テーマA)
   閖上の「さぐば」プロジェクト

 *2017年度からの実施事業は、2018年度事業計画についての企画提案を受け、最終審査委員会で継続の可否を審査しました。その結果、2018年度の事業継続が決定しました。

これまでの経緯については下記をご覧ください。
【PDF】 2018年度「仙台市文化プログラム」実施候補事業の決定について(別ウインドウで開きます) (PDF:112KB)

今後の予定
最終審査委員会の審査内容を受け、企画提案者と事務局が事業実施に向けて事業内容や人選などを協議します。その後、両者が共催協定を締結し、正式に実施が決定した事業については、後日、仙台市及び仙台市市民文化事業団のウェブサイト等でご報告いたします。

お問い合わせ
 公益財団法人仙台市市民文化事業団 総務課 企画調整係
 〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘 3-27-5
 日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)内
 電話 022-727-1875(平日 9時00分〜17時00分)  ファクス 022-276-2108
 Eメール sbj@bunka.city.sendai.jp

















2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた
 「仙台市文化プログラム」の企画提案を募集します

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、仙台市及び仙台市市民文化事業団と共催で実施する「文化プログラム」の企画提案を、仙台市内で活動する文化団体等を対象に募集することとしたので、お知らせします。

1.背景
  国は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機とした文化芸術立国の実現に向け、多様な文化芸術活動の発展や地域の文化芸術の魅力を国内外へ発信するとともに、地方創生、地域活性化につなげるため、地方自治体等と協働した「文化プログラム」を全国で展開することとしています。
  こうした動きと連動し、仙台市市民文化事業団が企画実施する事業を「文化プログラム」と位置づけ、地域の魅力を内外に発信する取り組みを行っております。
  このような機会を捉え、地元文化団体等の発意による、地域の多様な資源を生かした新たな文化事業の展開と人材育成に繋げていくため、昨年度に引き続き、文化プログラムの企画提案を募集します。

2.仙台市における文化プログラムの目的等
  仙台市、仙台市市民文化事業団、地元文化団体等が連携して、地域の文化芸術分野における多様な資源を生かした文化事業を推進し、その取り組みや成果が一過性にとどまることなく、2020年以降も継続的に波及効果をもたらすことを目指します。

3.募集概要
  概要は下記のとおりです。詳細は募集要項等をご覧ください。

 【対象期間】
  協定締結日(2018年4月下旬以降)から2019年3月末まで
  なお、本事業は2020年度末まで継続する見通しです。
  企画提案は2019年度以降も継続することを考慮して採用しますが、
  継続の可否については、年度ごとに開催する審査委員会において正式に決まります。

 【募集テーマ】
  次のどちらかのテーマに対応した文化事業を提案してください。

  A.震災や復興を主題にした文化プログラム
   2021年3月には、東日本大震災から10年目を迎えることをうけ、
   震災やそれからの復興等を主題にした文化活動や芸術創造などを行うもの

  B.障害のある人たちの文化芸術活動を支援・推進する文化プログラム
   2020年東京パラリンピックを見据え、障害のある人の主体的な文化芸術活動の支援や、
   障害のある人たちとともに文化芸術創造などを行うもの

 【募集内容】
  以下の要件を満たすこと。
  ・提案者自らが、2018年度から2020年度まで実施主体となって関わること
  ・新規事業であること、もしくは、既存事業をもとに新たな展開を行うもの
  ・仙台市域の文化活動状況や地域・社会の課題を具体的に見据えて実施する独創的な文化事業
  ・事業が終了した後も一過性にならず、自立的な継続や発展が期待できる事業

 【応募資格】
  仙台市内に拠点を置く団体(法人格の有無は問いません)、または個人事業主

 【負担金】
  2018年度中の事業実施にかかる経費の一部を公益財団法人仙台市市民文化事業団が負担します。
  負担金は収支差額の範囲内とし、30万円〜280万円とします。

 【応募からの流れ】
  募集締切:2018年3月16日(金)必着
  一次審査(書類選考):2018年3月下旬予定
  最終審査(プレゼンテーション):2018年4月15日(日)予定

 【応募方法】
  Eメール・郵便・宅配便・持参のいずれかの方法により、提案書(様式1〜3)を事務局まで提出
  提出期間:2018年3月9日(金)〜3月16日(金)必着
  持参の場合は9時30分から18時まで

4.募集説明会
  仙台市文化プログラム及び本募集に関する概要説明・質疑応答を行います。申請される方は説明会に可能な限りご参加ください。

日にち 時間 会場
2月26日(月) 19時00分〜20時00分 せんだいメディアテーク 7階 会議室
(仙台市青葉区春日町2-1)

 ※説明会にご参加される際は、前日までにEメールか電話にて事務局までお申し込みください。その際は、お名前、団体名、連絡先、参加者人数をお知らせください。
 ※説明会にご参加が難しい方や、企画提案等に関して個別相談を希望される方は、希望日時・相談内容・連絡先等をEメールか電話にて事務局までご連絡ください。

5.提案書の提出先・お問い合わせ
  事務局:公益財団法人仙台市市民文化事業団 総務課企画調整係
  〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3−27−5
  日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)1F事務室
  [電話]022-727-1875(平日9時30分から17時)
  [Eメールアドレス] sbj@bunka.city.sendai.jp
  [ホームページ] http://www.bunka.city.sendai.jp/

6.各種様式等
  ・<2018年度仙台市文化プログラム企画提案>
   募集要項(PDF:203KB)
   提案書(様式1〜3)(ワード:26.5KB)