トップページ  >  報告リポート <手作り楽器>

報告リポート






日立システムズホール仙台 夏休み企画「手作り楽器で大合奏!」vol.4
  (2013年8月10日、11日)


今年で4回目となる好評の「手作り楽器で大合奏!」。
抽選により選ばれた、小学3年生から6年生までのお子さんとその保護者の方が参加しました。
木琴4組、リズムスティック5組、太鼓6組です。

講師は昨年と同様、仙台フィルハーモニーパーカッション奏者の佐々木祥さん。
回数を重ね、素材の選び方や楽器製作方法も少しずつバージョンアップされています。
日立システムズホール仙台の「アトリエ」で、楽器作りに挑戦しました。
その後は楽しみの合奏。
「練習室4」に移り、それぞれの手作り楽器で全体練習。
そして家族が見守る中、佐々木さんの指揮のもと「剣の舞」を大合奏し、良き夏休みの思い出となりました。


楽器製作、まずは木琴から。
今から作る木琴の音を楽譜で確認します。



木材を大胆に、そして繊細に切っていきます。



完成!
音はどうかな?



続いてリズムスティック。
一枚ずつ、王冠をつぶしていきます。
このたたき方で音色が変わるのです。



本体作り。
みなさん、のこぎりの使い方が上手です。



完成です!
どんな音がするのでしょう?



シメは太鼓。
皮にヒモを通す穴をあけていきます。



ヒモを通し、少しずつ締めあげていきます。



完成しました!
たたいてみることにしましょう。



それぞれの手作り楽器を持ち寄り、
本番前の全体練習。
みんな、とても真剣な表情です。



最後は「剣の舞」の大合奏!
とってもブラボーでした。

夏の思い出になったかな??
みなさん、ありがとうございました!!