トップページ  >  イベント情報  >  詳細情報

  • 歴史・民俗・考古学
  • その他
  • 無料(先着80名、直接会場へ)

縄文講座 第3回
最新技術が解き明かす縄文漆工の技

近年、X線CTスキャンや3Dデータ解析などの最新技術の導入によって、これまでわかっていなかった縄文時代の漆塗りのカゴ製品や櫛などの内部構造が次々と明らかになってきました。

準備中
開催日 2020年2月16日(日曜)
開催時間 13時30分〜15時
会場 仙台市縄文の森広場
料金 無料(先着80名、直接会場へ)
内容 第3回の講座では、縄文時代の漆工技術について、東北地方の具体的な分析例をもとに、最新の研究成果をわかりやすく紹介します。
講師:片岡太郎(弘前大学人文社会科学部専任講師)
問い合わせ 仙台市縄文の森広場 電話 022-307-5665
関連リンク 仙台市縄文の森広場

昨年のようす